東京の恋活パーティーで出会った30代の男性から食事に誘われました。

そのときに参加した恋活パーティーは、カップル成立ではなくても連絡先を交換できるパーティーだったのでその場で仲良くなった複数の男性・女性と番号交換をしていたのです。

正直その30代男性とのデートはあまり乗り気ではありませんでしたが、これもご縁と思い出かけていきました。

そのときに腹が立つことがあったのですが、今回はそんなお見合いデートの感想体験記です。

東京の恋活パーティーで出会った30代男性との初デート感想体験記

初デートということもあり、ランチをしながら話をしようということだったのですが、連れて行ってくれたお店は回転寿司。

正直な感想を言えば、回転寿司はゆっくり話せる場所ではなく戸惑いました。

しかし、その東京の恋活パーティーの時に交換したプロフィールの好きな食べ物欄に私が「お寿司」と書いていたので連れてきてくれたそうです。

それを聞いてまんざらでもない気分になりました。

自分の事を考えてデートプランを考えてくれるというのは好感度アップです。

でも初めてのデートで回転寿司はやっぱり微妙だったので、次からは好きな食べ物に可愛く「いちご」と書こうと思いました。

ドライブデートで事件は起こった

ランチの後はドライブデートです。

車の中というのは個室になり、色々な話がしやすい環境です。

もともと出会ったきっかけが恋活パーティーなので自然と話しは結婚についての話になりました。

そこで事件は起きたのです。

彼から「私の結婚後の仕事」について質問されました。

少し考えながら答えようとすると「Aさんは続けたいって言ってたよ。」とのこと。Aさんとは同じパーティーで番号交換をした女性です。

私も意気投合して知っている相手なのですが、どうやら彼はAさんと先に食事をして、同じ質問をしていたらしいのです。

お互い婚活中なので、色々な人とデートをしていいお相手を見つけるのは当然のことですが、それを目の前にいる私に伝えるのはどうでしょうか。

デリカシーのなさに一気に気持ちは冷めて、腹立たしさまで覚えました。

彼は、自分が選ぶ立場にいて上に立っているように見えました。

自分でも反省しました

彼に腹が立つと同時に自分の行動も振り返って反省しました。

自分自身も「選ばれる」というよりは「選ぶ」立場だと無意識に思っていたように思います。

特に東京の恋活パーティーなどではたくさんの男性と一度に会い、ある程度プロフィールも分かってしまうので余計に「選ぶ」感覚になりやすいのです。

あくまでも恋活パーティーは出会いのきっかけであり、面接会場ではありません。

「選ぶ」より、プライベートの恋愛と同じように「なんか気になる」をいう気持ちを大事にしたいものです。

ということで今回は、東京の恋活パーティーで出会った30代男性との初お見合いデートでの感想体験記でした。

東京でおすすめの結婚相談所

婚活で大切なのは【結婚したいと思っている人と出会うこと】。そのためには結婚相談所に入会するのが結局一番コスパが良いです。

以下の記事では私も実際に利用してお世話になった東京でおすすめの結婚相談所について書いているので、よければそちらもご覧ください。

【東京で婚活卒業!】私が実際に結婚したおすすめ結婚相談所~体験談ブログ~ 水辺で寄り添う男女

 

【広告】