歯並びが悪いと自覚したり、直す必要があると考えるのであれば矯正を検討するのが現実的です。

特に新郎新婦は人生でたった一度の結婚式の主役ですから、口元を美しくしたり美しい姿で人々の記憶や写真に残ることは大切ですよね。

結婚式までに間に合う?悪い歯並びを矯正

式の当日が迫っている、でも1~2ヶ月程度の余裕がある場合は、限られた期間内で悪い歯並びが矯正出来る可能性があります。

歯並びを直す方法はいくつかありますが、既に生えている歯を矯正する方向なら、2ヶ月の期間で結婚式に間に合うと考えられます。大切なのは早めに悪い状態に気が付くこと、そして一刻も早く直す決心を固め行動に移す二点です。

一般的な治療方法は、2年程時間を掛けて少しずつ直すのが主流ですが、セラミック矯正なら数ヶ月で悪い状態から改善します。治療が短期間に集中するので相応の費用は発生するものの、それでも20万円未満で済む場合が少なくありません。

また、治療する歯の本数が少なければ1ヶ月以内で直せるケースも十分にあり得ます。結婚式に間に合わないと諦めるのではなく、短期間で治療が行える方法を知り、予算と相談して具体的に検討することが肝心です。

1ヶ月以内で歯並びを治すことができる可能性も

例えば前歯だけであれば治療の範囲は限られますし、予算が少なくても直すチャンスが得られる可能性に結び付きます。

仕上がりは自然で美しく、歯の形や上下左右のバランスまで整いますから、この方法を知ったらもう無視することは出来ないでしょう。歯を削ったり、虫歯の発見で治療が必要になることもありますが、徹底的に治療してから仕上げられるので安心です。

短期間で現実的な料金、それに優れた審美性という三拍子が揃うので、結婚式に向けて悪い歯並びを矯正したい場合に適しています。治療中は麻酔が使用されるので痛みに怯えたり怖がる心配はなく、治療中はちゃんと仮歯を入れてもらって過ごすことができますから、最後まで安心して治療を受けることができます。

歯並びが悪いのはダメ?

部分的であれば、一部分の歯が気になってもチャームポイントだと言われたり、愛嬌がある個性として見なされるでしょう。でも度が過ぎれば気になり始めますし、大人なのに手入れを怠っていると評価されてしまうかもしれません。綺麗な歯並びは大人のマナーで、治療はある意味で義務だと考える人が多い国も外国の中にはあるそうです。

もちろん、治療自体や治療方法に選択の余地はありますが、結婚式を美しい口元で向かえられないのは損です。当日の新郎新婦の姿は、本人が望まなくても参加者全員の記憶に残るので、どう残りたいかを考慮して治療の検討や判断を行うことが重要でしょう。

【広告】

短期間で歯並びを綺麗にする

「婚活のために歯並びを綺麗にしたい」「結婚式までに歯を綺麗にしたい」という方は多いはず。

そんなときは私も治療を受けた、短期間で歯並びを綺麗にできるセラミック矯正も検討してみてください。

前歯2本でたった10万円!?セラミック矯正にかかる費用